「わしは貴様らを、常に見守って(狙い定めて)いるぞ」(トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード)

トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (14)
本日の紹介品は「トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード」です。

過去にMP-05として販売されたメガトロンは、MP-01との大きさの対比に合わせてあったため、銃モード・ロボット共に大型のアイテムであり、その変形機構も初代G1トイに合わせてのものになっていました。
まだマスターピースが大きさを合わせることもない単品特別製の物であったゆえの基準であり、アイテム自体も毎年のアニバーサリー的な意味合いに近い時代の物でありましたが、現在の状況のものとしては少々満足できにくいものになってしまいました。

MP2期において、シリーズのスケール統一と同時にアニメスタイルからビークルスタイルへの方向性が作られたからです。
MP1期では、アニメに近しいスタイルではあれ、基本基準はビークルのリアルさのほうが重視されていた時代。
2期で方向性がガラッと変わっていては、過去の販売アイテムでの対応は結果的には無理というもので。
今回MP3期において、アニメスタイルと現行スケールに合わせたメガトロンが販売されることとなりました。

今回の特徴は、ガンモードではワルサーP38に”酷似”した銃にトランスフォームするというのがあげられます。
MP3期では、ハズブロアジア含む海外での販売も視野に入れてのチーム的編成で作るという流れ(トランスフォーマージェネレーションズなどの記事より)となっているようで、このアイテムが海外で販売されるときの問題回避もあるのかなと思います。
今アジア圏内ではハズブロアジア方向から日本のタカトミ製品を買い付け販売しているので、日本版がワルサー刻印などあると販売しにくいのもあるのかなとも。
まぁ、単純にアニメスタイルにした、ってのが本当なのかもですが、そういう風に色々ここまでの経緯を考えるのも面白かったり^w^;

本体は手に持ってポージングできるような大きさとなり、トリガーのバネ反応や、グリップのダイキャストによる重みが弾が込められているようなリアルな重さの体感を楽しめたり出来ますし、カラーリングもアニメに近しいメタリックグレーで仕上げられています。

変形の難易度はさすがの密度のアイテムなので、変形時に角などの塗装はげなどが起こりますので、それは成型色でない全身塗装のマスターピースシリーズゆえの宿命と割り切るのがよいかとも。

では、トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン のガンモードと変形の一部です。

文章後日追加
仕事先がインフル風邪の影響で緊急業務調整はいって・・・・・・;w;


追記:ガンモードの写真が変形ミスが多かったので、大多数を再度撮り直しして交換しました。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (1)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (2)
パッケージです。
黒色のいつものパッケージに、笑みパーツという不敵な姿のメガトロンと、箱を飛び出すかのようなアンクルパーツ付きライフルなガンモードが。
今回はロングライフデザイン賞を受賞しているということで、そのマークが印刷されています。
今回の再販MPアイテムにはたぶんすべてにこのマークがついてくるのかなと。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (1)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (2)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (3)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (4)
ガンモードです。
基本スコープ(融合カノン砲)月なので、そのスタイルで。
各部に変形での分割線はあるものの、きちんとアニメでのガンスタイルが再現されています。
思わぬところから変形用の分割が出るのも、このアイテムの面白いところ。
銃口はただの円形でなくライフリングの溝が描かれているのかな?
ここらの再現はG1メガトロン系では初めてでないかと思います。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (5)
刻印などが書かれている側面は一切そこらへんが描かれることはなく、アニメ版エンブレムが印刷されているのみです。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (6)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (7)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (8)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (9)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (10)
セーフティーレバーも可動。
上からセーフティーOFFの発射状態・セーフティーポジションのコッキング解除状態、ロボット時の腕での位置です。
又、変形の機構上で撃鉄部が可動。
あくまでも撃鉄に似たパーツが可動するというだけですが、なんちゃって的に楽しめるものではあるかなとも。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (11)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (12)
G1TOY、MP-05 と比較です。
比較することで、グリップ部の厚みや分割線の違いなども見て取れるのが面白く。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (13)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (14)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (15)
MP36で初めてスコープ伸縮機構。
実際、過去の商品ではこのギミックは一つもないので、私も写真を一度取り直して記事を再度アップしてたり^w^;
おもちゃとしては、スコープとしての機能はないもののクリアパーツでレンズっぽく仕上げられています。
又、円形ボタンと赤色の3段階スイッチを動かすことで、ビーム射撃音1種⇒メガトロン音声6種(故加藤清三さんの音声が!!!)⇒G1トランスフォーム音2種を聞くことが可能になっています。

音声内容は、

ワハハハハ、この愚か者め
ええい!サイバトロンをひねりつぶせ!
ええい、破壊してくれるわ!
ワシの子分にならぬか?
この役立たず者が!
デストロン軍団、トランスフォーム!

で、おしゃべりトランスフォーマーの音源を使っているようです。
過去に復刻版ガルバトロン・ガルバトロンⅡで使われていた物と同じですね。
ただ、スコープという小型なアイテムで音声を楽しめるのは、他のメガトロンでも取り扱いできる音声ユニットとしても遊びやすくっていい♫


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (16)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (17)
手に持てる銃ということで、うちのブログですんでナーフと比べてみたり。
大きさのほうが如実に判るかな?


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (18)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (19)
更に手に持ってみたり。
赤や緑や青のジャケットは見つからず黒ずくめな腕で撮影です^w^;;;
グリップが太いので手でがっしり握るってのは難しく感じるものの、MP05でのグリップの大きさよりはまだいいかも。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (20)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (21)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (22)
サイレンサーですが、武器として変形させるときに接続基部を90度回転させるギミックがあります。
拡大写真だと段差があるのが分かるかと。
脱落防止で本体がピッタリ入るようになっている厚みなので、ここを正しい位置にしないとはまらないようになってますし、無理していれると破損や銃口の塗膜が大きく傷が入る破損にも繋がるので、要注意かと思います。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (23)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (24)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (25)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (26)
アンクルパーツをつけての比較です。
ナーフのライフルクラスに匹敵し、3A オプティマスよりもさらに大きく。
流石に支えての保持ですら無理でした^w^;


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (27)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン 追加修正 (28)
ほぼ1/1サイズなので、アンクルパーツつけてのなり切り遊びもできそうですね。


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (22)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (23)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (24)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (25)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (26)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (27)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (28)
トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (29)
メガトロン、トランスフォーム!
非常にタイトで各部が細かく動きます。
特に肩の変形などでは、ある角度でのみパーツを動かせるクリアランスが確保できるという部分もあり、そこも非常にタイトなので最初はなかなかてこずるかと。
何度か動かすと各部がなじんで変形させやすくなります。
各部塗膜の角部分は変形上はがれますし、銃グリップも手で握ると油脂などもつくので劣化にはつながります。
正直言って、このアイテムは飾り用は別に用意して、おもちゃとして可動&握って遊ぶと割り切るほうが精神衛生上いいですね。

実はそう言い切るくらいロボットモードは遊べるんです。
多分、今までのMPでインフェルノよりも可動で遊べると言い切れるのではないかとも。
特撮マスクのアップ用とアクション用見たく、飾り用とあそびようで持ってても損はないかともマジで思ってしまった私。
(予備買っちゃったわ=w=;)

(ロボットモードから逆に変形させたので、背中のキャノン状態が展開に一部間違いがあるかと。
後日修正しますので、大体の参考程度で・・・・・・)


トランスフォーマー マスターピース MP-36 メガトロン ガンモード (3)
トランスフォーム後のメガトロン。
このアニメそのもののようなスタイルと可動は次の記事にて・w・ノ
スポンサーサイト

theme : トランスフォーマー
genre : 趣味・実用

tag : おもちゃ トランスフォーマー マスターピース

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

自分も忘れがちですが
ガンモードでスコープ伸びまっせ

ありがとうございます。

>名無しさん
あー!!
あかん、完全に見落としてました、ほんとゴメンナサイ。
後日時間作って修正します。
失礼しました。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
プロフィール

アルフェス2010

Author:アルフェス2010
トランスフォーマー含むおもちゃが息抜き。

 akikkeさん命名の、「テレもちゃ」ならぬ「ひげもちゃ」こと、
「ひげひげな、おもちゃの日常」を
管理している、生物種別:ひげくまのアルフェスです。

「Thank you very much for the visit my blog.・w・ノ
 皆さま、ブログ訪問してくれて、多謝です・w・ノ
 It would be greatly appreciated if it could enjoy it.  ^w^ノ
 楽しんでくれたらうれしいですよう^w^ノ」

掲示板はこちらに・w・ノ

リンクフリーですが、画像のご利用(改変・改造)はご遠慮くださいませ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
御寄りの皆様方
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
☆翻訳Lite☆
ツイッター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセス解析 [i2i]
サプリメントダイエット