進化するリアルカーロボットの世界(トランスフォーマー博 TF EXPO TRANSFOMERS LABO ZONE 5-6 TF LABO TOY BINALTECH)

TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7506
ダイアクロンの時代、あの時代に生まれたカーロボットは、更なる進化を遂げていきました。
メーカーの正規ライセンスを所得し、1/24~1/32スケールの精密リアルカーモデルと変形するロボットの両方を完成させ、ついにTFはリアルカーの世界すらも新たに取り込むことに成功したのです。

海外版では「トランスフォーマー オルタネーター」というシリーズで展開されたリアルカーは、日本ではダイキャストパーツを多用し重さと見た目の塗装の完成度も高め、「トランスフォーマー バイナルテック」シリーズとして展開されました。
MPがアニメキャラを変形させるという方向性だったのに対し、こちらはリアルカーをロボットに変えるということで、まさかの内装すらも再現するという難題に取り組みました。
結果として、変形パターンにある程度の縛りができたのは否めませんが、大人向けホビー路線のTFラインを明確に開拓していったと思います。

この記事では、バイナルテックとさらに小型ながらも内装を再現したオルタニティシリーズの2シリーズを紹介します。

あ、萌えを取り込んだTFもこのシリーズが最初だったりします・w・ノ


TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7507
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7508
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7509
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7510
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7511
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7512
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7513
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7514
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7515
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7516
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7517
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7518
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7519
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7520
バイナルテックは車の大きさが統一されていたため、比較的にロボモードもほぼ同じ大きさとなり統一性も高まっていました。
又、TF特有のリカラー別キャラというのもいろいろ再現されてましたね。
同時に設定を活かして同一キャラの別ボディという流れも開拓し、種類も数多くなりました。
メガとロンが販売されませんでしたが、人気キャラのショックウェーブ率いるデストロンと映画放映後に一部販売されたアイテムで総司令官コンボイも登場しました。
その重みと光沢が、逆に遊びにくさを呼び込み、海外アイテムのオルタネーターを遊び用に、飾って楽しむのにバイナルテックをという層もいたりしましたね。(そう多くはないですが)

又、海外版には日本で販売されなかったバイナルテックも存在します。


TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7521
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7522
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7523
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7524
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7525
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7526
バイナルテックに同サイズのフィギュアをつけることで、世界観を更に深めようとしたのが「トランスフォーマーバイナルテック/アスタリスク」です、
ですが、このフィギュアの出来があまり受けず(おもちゃのサイズとしてでは十分ですが、大人のファンの中には当時流行っていたガチャポンフィギュアの顔の造詣度を期待してる人も多かった。)、既に販売済みのアイテムのリカラー品であることもあり、このシリーズは3種のみで終了しました。

ですが、この路線を更にメディアミックスで突き詰めたのが、新たなシリーズの「トランスフォーマーキスぷれ」でした。
新たに萌え系のファンにも市場を延ばしたこの試みは、TF初のラジオ展開、月刊コミック電撃大王連載とTFらしい果敢な攻めを行い、各商品には初代コンボイ役の玄田哲章さんも参加してのCDドラマも付属。
ネット限定品のTFも販売され、作品としてもCDドラマで完結させました。
フィギュアも設定イラストに合わせた完成度が高く、TF初の女の子フィギュアもリリース(TFらしく新造形の極小変形オートルーパーズが付属しました)


TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7914
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7915
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7922
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7923
バイナルテック終了から数年、リアルカーロボットラインは更に連動変形を導入しつつサイズも1/32に縮小させるという荒業を駆使し、バイナルテックあとの蓄積した技術も加えた新ラインの「トランスフォーマーオルタニティ」を展開させました。
このアイテムでは合計4車種が展開され、多くのバリエーションが生まれました。
オルタニティの世界観では同形同一人物の別次元別カラーというTF設定が生まれ、元々にある別カラー別キャラ化というものにも頭部のみをちゃんと設定キャラクターに似せた新造形を付けるなど細かい部分での楽しさを感じられるシリーズとなりました。
めったに出ないだろう光岡オロチでは、まさかのジェットロンがオルタニティ化するということで、空を飛ぶキャラになるなど、意欲あふれるシリーズになっていたと思います。
こちらも、海外のみ販売されたものやネット限定販売品が存在します。


TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7916
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7917
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7918
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7919
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7920
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7921
TFEXPO ZONE5-6 TF LABO TOY BINALTECH7921a
オルタニティで使われた車種の日産GT-Rを使った国内最高峰のリアルレース「SUPER-GT」とのコラボレートで生まれたのが、「トランスフォーマーGT」シリーズです。
今度はライセンスだけでなく、各実在のエントリーチームのマシンを再現。
レースクイーンのフィギュアはミクロマン素体を利用し、大きさのサイズ違いはあるものの、可動させる楽しさをTF,フィギュア両方に持たせての遊びの幅を更に広げる展開が行われました。
電撃ホビーマガジンでも雑誌連載を行い、ビークルがすべて歴代司令官&破壊大帝メガトロンをイメージソースにしての展開がなされました。
又、レース会場ではキッズウォーク向けの配布品としてEZコレクションアイテム使用のセーフティプライムという新キャラを無料配布。
子供のみにしか配られない&レース会場のみ配布のこのアイテムは、多くの大人のファンをやきもきさせました=∀=;

*************************
子供のおもちゃとして展開されていたTFが、大人向けホビーに展開した最初のアイテムはマスターピースでしょう。
ですが、当時一年に一つの商品展開(それくらい密度の濃いアイテムを制作するという縛りのため)だった大人向けTFラインを確実に広げ、カーモデルマニアにもその市場を広げたバイナルテックシリーズは、その後のメーカーコラボラインへの大きな礎になったシリーズだと思います。
常に新たな広がりを開拓するTFの進化は、いまだにその場に留まるという言葉を知らないようです。
スポンサーサイト

theme : トランスフォーマー
genre : 趣味・実用

tag : おもちゃ トランスフォーマー博 イベント

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

初めまして、TwitterでフォローさせていただいてますD.Iというものです!

ダイアクロンのカーロボ達から、現在のMPに至るまで数えきれない数の”車”に変形するTF達が生まれたわけですが、ふと初心に戻ってカーロボ達を見ていると、改めてリアルな車から人形のロボットに変形するということがとんでもなく秀逸な構造だなぁとその凄さを再認識させられます。

SFビークルやトンデモ兵器などからロボットは見立てで何とかなる場合もありますが、車となるとそうはいきませんよね。

アニメシリーズのロボット形態でも車の意匠が感じられるデザイン、ムービーシリーズの実車から異形なエイリアンロボに変形するデザイン、双方に素晴らしい魅力を感じます!

これからも設計者の方々の工夫やアイデアに期待したいですね。

No title

こんばんは~ 進化するリアルカーロボットの世界(トランスフォーマー博 TF EXPO TRANSFOMERS LABO ZONE 5-6 TF LABO TOY BINALTECH)の更新お疲れ様です。
実在する車に変形するTFとして始まった「トランスフォーマー バイナルテック」シリーズ
かつてダイアクロンで実在の車に変形した「カーロボット」シリーズの現在版というべきこの「バイナルテック」シリーズはそのハイクオリティな技術を導入して実車ファンすら唸らせるもどのカーモードの出来栄えとロボットモードの可動性を実現したシリーズなのは今の「トランスフォーマーGT」シリーズまで変わらず続いているのがスゴイですよね!
自分にとってもお気に入りの一品です。

No title

私がTFに出戻りする切っ掛けだったのがオルタニティのメガトロンでしたね。
店頭に置いてあった(しかも何故か安くなってた)のを興味本位で購入したら、その密度感に驚いたことw
一緒に対決させたくなる司令官が欲しくて、サイズも近くて評価の高かったUN-01オプティマスを駆けまわって手に入れ今に至る……
オルタのメガ様は今ではLAドリフトとサムラーイ対決してます

ありがとうございます。

>D.Iさん
こちらでは初めまして・w・ノ

実在の車を変形はMPでもライセンスでやってますが、こちらはより外装と内装が実在化させてますしね。
高富の技術の粋が楽しめるので実に楽しいです。
日本版はダイキャストを使ってこれもまたいい感触ですし。

>Fネガさん
完成度の高さが非常に大きな魅力なんですが、逆にそれがこれくらい当たり前のタカトミというイメージを作り上げて、購入の引き金になっていない場合も当時はあったようです。
ホント痛し痒しな。

>名無しさん
戻ってこられた方は、今のTFの技術にとても驚くといわれますね。
TFシリーズは、常に新しい驚きを内封しているシリーズですから、このままずぶずぶとTF沼に入り込むのは確定で行きましょう=∀=;
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
プロフィール

アルフェス2010

Author:アルフェス2010
トランスフォーマー含むおもちゃが息抜き。

 akikkeさん命名の、「テレもちゃ」ならぬ「ひげもちゃ」こと、
「ひげひげな、おもちゃの日常」を
管理している、生物種別:ひげくまのアルフェスです。

「Thank you very much for the visit my blog.・w・ノ
 皆さま、ブログ訪問してくれて、多謝です・w・ノ
 It would be greatly appreciated if it could enjoy it.  ^w^ノ
 楽しんでくれたらうれしいですよう^w^ノ」

掲示板はこちらに・w・ノ

リンクフリーですが、画像のご利用(改変・改造)はご遠慮くださいませ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
御寄りの皆様方
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新トラックバック
☆翻訳Lite☆
ツイッター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセス解析 [i2i]
サプリメントダイエット