最高速のハンター(フィギュア王限定 トランスフォーマー 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック)

フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック005
本日の紹介品は「フィギュア王限定 トランスフォーマー 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック」です。

今年度の東京おもちゃショー2013のタカラトミーブース、毎年恒例のTF限定品は「MPタイガートラック」ということで初のMPシリーズが限定販売となりました。
過去にはネットショップ限定などでのMPリカラー限定品があったのですが、今回はイベント限定という流れで販売されることに。
もっとも、ここ最近は2種類や2体セットの商品販売だったのが一種類となっているとこなど、昨今の世界情勢からくるもろもろのしわ寄せもあるのかなぁと。
まぁ、高額商品のMP限定ということと、ランボルギーニLP500のバリエーションが増えるという点、そして顔とヘルメットをランボルとアラートのニコイチにしていることなど、個人的には喜ぶ点が多々あるんですけどね。
さて、知り合いにもお願いして何個抑えられるか・・・・・・
毎年の如くブログプレゼントにできればいいんですけどね=w=;コレバカリハ、コウニュウゴデナイト、ワカンナイ。

そういうことで、今回はその元ネタになっている2003年3月発売のフィギュア王誌上限定のG1タイガートラックの紹介です。
フィギュア王は数年に一度TFの特集を10ページほどしてくれることがあり、毎回それを楽しみに買い込んでましたねぇ。
今はTFジェネレーション(ムック本)もでるなど、当時からのファンとしては今は情報も含めて恵まれているなぁと・・・・・・

では、黄色のカウンタック:タイガートラックのレビューです・w・ノ


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック027
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック028
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック029
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック030 フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック032
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック031
ビークルモードです。
相変わらず今の時代でも十分一般のビークル玩具として販売できるくらいの完成度です。
後部のほうは足の部分も兼ねるので、亜鉛合金で再現されているので、重みがあるんですよね。
この重みも実車のおもちゃの魅力を感じさせる(身近にある相当想い機械ですから、少しでも重いとリアル感を頭が感じ取るんですかね)一助となってるかと。

シールのほうは当時品と違ってタンポ印刷や塗装で再現されている部分もあります。


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック033
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック034
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック035
当時品のG1ランボルとも比較です。
当時の金型?からの再現でもあってまさしく色以外は全く同じですが、シールの劣化している部分などを見ると、タンポ印刷などの技術が生まれたのはおもちゃファン的には非常にうれしい所ではないかと思います。

又、後部は「COUNTACH」の文字がオミットされています。


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック001 フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック002
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック004
ロボットモードです。
貌とボディのバランスが当時のおもちゃの中でもすごくいい感じと思います。
四肢のバランスが今の時代の目の肥えた状態で見ても許せる範囲というのは、素晴らしく幸せだなと思いますね。
頭部の彫刻も、如何にも当時だからこそのデザインと思うね、味がある=w=♪


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック003
G1ランボルではビークル側面につけてあったシークレットエンブレムは、ビークル下部~ボディ内側に貼りこまれています。


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック007
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック008
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック009
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック010
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック011
ロボットモードのランボルと比較です。
比較のために、あえてミサイルランチャーを同じ位置にはめました。
あえてです、間違ってじゃないんです、ほんとなんです、なんだその目は、ウソっていうな、その目をやめろ、俺は潔白だ;w;

一番特徴的なのは、ランボルギーニ社のロゴとカウンタックの名前に関するもの全てが削除&変更されているところですね。
当時品でないと正規エンブレムのものは手に入らないので、このG1ランボルはささやかな宝物の一つです・w・b


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック012 フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック013
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック014
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック015
可動部は肩の回転と肘の可動、あとは変形部をつかさどる関節の首の上下可動と足首くらいです。
もっとも、当時のG1の中では首と肘が動くというだけでも十二分に及第点の可動域なんですけどね。
最悪ソフビ人形の腕回転だけでも子供は遊べるわけで、その想像力は本当にすごいものだなぁと思います、今の年齢で当時のおもちゃを見てみると。


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック016 フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック019
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック017
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック018
武装させることで、カッコよさもさらに増しますね。
撮影中につい童心に帰って遊び倒しそうになりました。
限定品なのに関節くたくたにするのはさすがに涙目ですからね、用心用心;w;


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック036
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック021
そしてオマケでヘケヘケ版のタイガートラックということでどうかなと。
元は海外版TFuniverseのサンストリーカーを利用しています。
頭部をヘケヘケランボルと交換しただけですね。
後は下半身はあえてランボル達とは違う裏面で再現を。
日本版のサンストリーカーは色が濃い黄色なので、元ネタに近い色&サンストリーカーとの差別化も含めて海外版で仕上げました。
MPタイガートラックが出れば、これもある意味お役御免になるのだろうなぁと=w=;


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック022 フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック024
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック025
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック026
フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック023
リファインされてのものではありますが、昨今の製品であるだけあって可動はG1をはるかにしのぎまくります。
G1のリファイン企画はコミック・ゲームのリファインデザインをTOY化する流れで、今でもTFジェネレーションなどでも販売されているので、今後もいろいろなものがタカトミ&ハズブロから出てくるのを楽しみに待ちましょうかね^w^♪


フィギュア王限定 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック020
こうして雑誌の誌上限定品が姿を変えて販売されるというのは、それだけ市場が成熟しているからだと思います。
来年の映画ということもありますが、先行販売される久々日本主導のTFGo!ソードボットなども含めて、今年以降のTFもどんどんつづいてくれることを期待してやみませんね・w・b
スポンサーサイト

theme : ホビー・おもちゃ
genre : 趣味・実用

tag : おもちゃ トランスフォーマー 限定 G1

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちは~ 最高速のハンター(フィギュア王限定 トランスフォーマー 90 サイバトロン 歩哨 タイガートラック) の更新お疲れ様です!
いいですなこの黄色のカウンタックは!
当時あんまり誌上限定商品というのにあんまり興味が湧かなくてこの「タイガートラック」スルーしたんですが今になってその良さがわかるなんて・・・orz
画像のヘケヘケ版のサンストとランボルの頭部を交換して作った「タイガートラック」もまたいい色合いで羨ましい・・・(;_:)
こっちは後々自分も再現したいですなあ・・・

ヘケヘケで同型で出たのを利用してランボル・サンストリーカーのニコイチでタイガートラックって当時一部で流行りましたよね
今となってはUniverse2.0/ヘケヘケの型は手に入れにくくなってしまったのでそう気軽に作れなくなりましたが…

他にランボルのリカラー/リデコで出たキャラとしてはクランプダウン(パトカー)やディープカバー(黒)がいますが
これらもいずれ何かの限定で出すんですかねぇ
個人的にはヘケヘケ型でも欲しかったけど型的にそろそろ限界かなぁ

こんにちは、アークです。
何と言いますか、こういうカチッとした直線的な
デザインのロボット玩具は好きですねえ。
可動部分が少なくても、十分魅力があるのが、
TF玩具の醍醐味だと個人的に思うわけですよ。

ありがとうございます。

>Fネガさん
この時期はTFもここまで大きく動くとは思えなかったんで、買い支え的にも限定品を抑えていましたしねぇ。
まさか今頃になってのMP化が起こるとは思いませんでしたが・w・;

>さすりゅ~さん
ヘケヘケでのタイトラを作った方は相当いたんじゃないですかねぇ。
自分はこだわって海外物を探しまくったのを記憶しています。

>アークビートルDさん
存在感のある、魅力あるビークルとロボット。
これがあってこそのTFとは思いますねぇ=w=b
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
プロフィール

アルフェス2010

Author:アルフェス2010
トランスフォーマー含むおもちゃが息抜き。

 akikkeさん命名の、「テレもちゃ」ならぬ「ひげもちゃ」こと、
「ひげひげな、おもちゃの日常」を
管理している、生物種別:ひげくまのアルフェスです。

「Thank you very much for the visit my blog.・w・ノ
 皆さま、ブログ訪問してくれて、多謝です・w・ノ
 It would be greatly appreciated if it could enjoy it.  ^w^ノ
 楽しんでくれたらうれしいですよう^w^ノ」

掲示板はこちらに・w・ノ

リンクフリーですが、画像のご利用(改変・改造)はご遠慮くださいませ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
御寄りの皆様方
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
☆翻訳Lite☆
ツイッター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセス解析 [i2i]
サプリメントダイエット