先陣をきって戦う、コンボイの片腕!!(TF 変形ヘンケイ C-11 サイバトロン警備員 アイアンハイド)

CIMG5410.jpg
連続第二弾~
紹介品2:「TF 変形ヘンケイ C-11 サイバトロン警備員 アイアンハイド」です。
パッケージ裏の説明文では、「コンボイの次に年齢が高い」となり、若さは消え去っているようです・w・b
指先から瞬間冷凍液を発射など、G1オマージュがいい感じですね。
細かいギミックはやはり海外版をご参照ください

CIMG5411.jpg
CIMG5413.jpg
CIMG5414.jpg CIMG5415.jpg
塗装は良好です。
海外版の明るい車体色からG1版ににた深みのある塗装になりました。
ルーフ部分と車体側面の窓の色も違ってますし、黄色のラインも車体に入ってます。
成形色と赤の塗装が違和感ないくらい近い色なのでとても満足ですね。
カーモードのメッキは、透明版でもよかったのかも。
もっともパーツをはめ殺しているので、取り外したりの作業はカッター必須ですね。


CIMG5416.jpg
CIMG5417.jpg
CIMG5418.jpg
リアバンパーを押しこむと、胸のプレートがせり上がります。
海外版と違ってシルバー塗装。
ここがメッキだと派手すぎますからいい判断と思いました。
ナンバープレートが無記名版になってますが、ロボモードでは吸排気穴にも見えるので個人的には満足。


CIMG5419.jpg CIMG5420.jpg
CIMG5423.jpg
ロボットモードにトランスフォーム!
色合いが深みがあり、腕の黒色もなくなりました。
ガルバトロンもそうですが、今回のヘケヘケは落ち着いた色合いが実にいい感じですよ。
渋みすら感じられます。
右太ももに傷がちょっぴりTwT


CIMG5424.jpg CIMG5425.jpg
足首と肩の関節は海外版と同じくいい感じです。
私のものは左肩がなんか外れやすいし、がっちりしていませんでした。
たぶん個体差でしょうけども。


CIMG5427.jpg CIMG5428.jpg
CIMG5430.jpg
勇者シリーズで決定です。
エネルゴナイフではなく、レーザーソードと明記されてます、この武器。
ソードって言いたくないなぁ。
刃が短すぎるし。
いっそ、伸ばしたものを作れという意味なのかっ!


CIMG5431.jpg CIMG5432.jpg
対してガトリングキャノン。砲塔の濃いグレーがメッキに少しミスマッチかなぁ。
フルメッキですが、手首を突っ込むのは問題なくできそうです。
したし・w・b


CIMG5433.jpg
CIMG5434.jpg
武器ユニットの取り付け方も海外版準拠です。


CIMG5435.jpg
背中取り付けも大丈夫でした。


CIMG5436.jpg
今回の2品は海外版を超えた出来と思います。
特に塗装と成形色も含めて、アイアンハイドは細かいところまで気を使っているいい製品でしたよ。
次にくるラチェットもまた楽しみになりました。
今回品の2種、予備買って損はしないと思いました。
明日にでも探しに行こう・w・
スポンサーサイト

tag : トランスフォーマー おもちゃ 変形ヘンケイ

「ええい!破壊してくれるわ!!」(TF 変形ヘンケイ D-06 デストロン新破壊大帝 ガルバトロン)

CIMG5364.jpg
本日発売品ですー
紹介品:1「TF 変形ヘンケイ D-06 デストロン新破壊大帝 ガルバトロン」です。
海外版と比べて、赤い関節パーツが全部黒になりました。
アニメカラーとあわさって、海外版とは大きく異なった落ち着いた印象を出しています。
細かいギミックは海外版と変わりませんので、そちらをご覧ください


CIMG5367.jpg
CIMG5368.jpg
CIMG5369.jpg
CIMG5372.jpg
ビークルモードはレーザー戦車です。
今回はミサイルを取り付けて作成。


CIMG5374.jpg
CIMG5373.jpg
個人的にはミサイルはいらないので、ないバージョンもちょこっとね。


CIMG5376.jpg
CIMG5377.jpg
で、この謎変形といわれていたもの・・・・・・
説明書にもないのに、パッケージ裏にその存在が写真掲載!
それをもとにいじってみました。
なんか、ガルバトロン野生アニマルモード?
もしくはクラブガンナー(古いよなぁ)
正規の販売品にこの画像があったので、たぶんこの形態が正解かと思います。・w・;


CIMG5378.jpg CIMG5380.jpg
トランスプレイ1:腕が砲塔。


CIMG5381.jpg CIMG5382.jpg
トランスプレイ2:肩が砲塔。


CIMG5385.jpg CIMG5386.jpg
CIMG5389.jpg
ガルバトロンロボットモードです。
写真が青っぽく見えますが、前に販売された復刻版のガルバトロン2のような質感の明るい紫色です。
グレーのフェイスとおなかの赤メッキがいい感じです。
ただ右手の砲塔を出すときに、非常に硬いために砲塔がジョイントからボコッと外れてしまいました。
もともとの海外版もきつきつだったので、十分用心して変形させないといけないようです。
例によって、e-hobbyシールをデストロンマークの上に貼っています。
付属コミックでは紫色なので個人的に満足・w・


CIMG5390.jpg CIMG5391.jpg
バックパックも砲塔も可動してポージングが可能です。


CIMG5392.jpg CIMG5395.jpg
アニメカラーだけあって、映画版や2010のイメージで遊ぶのが楽しいですね。
同じ大きさのロディマスコンボイが是非に欲しい。
あ、スカージも欲しいですね。
サイクロナスは12月か1月には出てくるし。


CIMG5396.jpg
ランチャーは手首から回転展開可能。
でも、右腕のメッキゆえに遊ぶと傷にハゲまくるだろうなぁと。
余裕ある方は予備購入を考えていてもいいかも。


CIMG5397.jpg CIMG5398.jpg
CIMG5400.jpg CIMG5401.jpg
やはりカリスマは逆行が映えますね。
イメージ的には、海外版は赤方面の紫で日本版は青方面の紫です。
ゆえに、逆光にするとそれでも違いが感じられるのがいいですよ。
落ち着いた色合いに輝く瞳の強さが、恐怖心を駆り立てるのですよ。


付属コミックからちょろちょろとイメージ撮影。
CIMG5409.jpg
「新破壊大帝ガルバトロンにな」

CIMG5407.jpg
レーザーソードの刃を口で食い止めたガルバトロンの銃口が、アイアンハイドに狙いをつけた!
byマサムーネイッセイ

CIMG5404.jpg
エネルゴンのパワーでメガトロンが・・・!?

出来は海外版で知っていたのでカラーリングが気になっていましたが、実に安定した色合いでした。
付属コミックのオチは、まぁ、メガトロンをコンボイのライバルとし続けるならこういう落とし方もありかなと。
子どもたち向けのオチの落とし方もありましたが、メガトロンの理性的悪辣さとちがった、ガルバトロンの獰猛な狂気さというのは十分楽しめました。
きちんと差別化していたのは高ポイントでした。

とりあえずはPS2準拠の第3勢力としてあそんでいまーす・w・ノ

theme : ホビー・おもちゃ
genre : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー 変形ヘンケイ おもちゃ

「やっちまいましょう、司令官!!」(TF UNIVERSE IRONHIDE)

CIMG4657.jpg
本日、「TFはいる日は今日ですよ」という言葉を信じて、いつものおもちゃ屋に向かいました。
TFがありました。
MPサンダークラッカーが・・・・・・
なんか、へけへけだけ遅れたそうでTwT
明日、つか今日に届くそうなので、今日の夜には日本版をレビューできるかなぁ。
だもんで、今日は海外版をレビューです。
本日の紹介品は「TF UNIVERSE IRONHIDE」です。
G1アニメでも血気盛んな若者という感じの古参の戦士という、海外版と日本版の違いを幼いながらに感じたこの熱血漢を紹介です。
歯のくいしばり方も、体育会系な感じ・w・b


CIMG5211.jpg
CIMG5212.jpg
CIMG5215.jpg
ビークルモードです。
G1でのワンボックスカーではない、4WDぽい感じの車にトランスフォームします。
海外版での窓の色はすこし安っぽいですよねぇ。
変形は難易度は高い方と思います。
説明書みないで君もトランスフォーム。
足の変形が、てこずったり>w<;

個人的には大好きなスワープとおなじ足の変形の新鮮さに気に入ってしまったので、スワープとおんなじ感じにe-hobbyエンブレムを貼っています。



CIMG5216.jpg
変形後に、最後のインパクトを用意しているのもいい感じ。

CIMG5217.jpg
後部バンパーを押しこむと、連動して胸内部で内部機械モールドが上にせり上がり・・・・・・

CIMG5218.jpg
「TRANSFORM!!」


CIMG5219.jpg CIMG5220.jpg
CIMG5222.jpg
ロボットモードのアイアンハイドです。
G1のイメージを見事に再現してると言っていいんじゃないですかねぇ。
主要な関節はすべて可動します。
残念なのは、首が少し下を向いているのがデフォルトなところと、指が曲がってこぶしにするとかはできない、完全平手というとこですね。
男の握りこぶしは、想いの証しなんですよ!


CIMG5224.jpg CIMG5225.jpg
特筆すべきは足首の設置度の高さ。
軸を横側に置くことで、内側への可動をとても高くし、なおかつ変形のクリアランス上合理的になっているという、実に感心した作りです。
肩の部分も、前面側に可動します。
腕を伸ばすことが強くできますね。
ただ、腕部分関節上の問題で腕組みなどはできませんでしたTwT
手のひらは武器取り付けと変形の関係上で手首から内側に曲げられます。
これらのおかげで、いろいろなポージングがとても楽しめます^w^b


CIMG5226.jpg CIMG5227.jpg
CIMG5228.jpg
武器ユニットは前後を入れ替えることで二つの機能を有します。
こちらのアクションポーズは、エネルゴンナイフモードの時ですね。
剣関連になると、なんか勇者ロボチックに^^;


CIMG5229.jpg CIMG5230.jpg
こちらはガトリング砲のモードです。
なんか、MOVIEのIRONHIDEを思い起こさせるガトリングモードです。


CIMG5231.jpg
CIMG5232.jpg
説明書では、手首を内側に付けて武器ユニットを取り付けます。
結果として、前後の武器展開ギミックが中途半端な感じになってしまいます。
手自体は差し込んでも大きな傷はつかないみたいですし、しっかりナイフもガトリングも飛び出します。
個人的には、後者を推奨しますね・w・ノ


CIMG5233.jpg
また、武器ユニットは背中にひっかけられます。
完全な余剰ユニットになってるので気になってたんですが、強く振り回したりしない限りは落っこちませんので、うちではこのようにしてポージングさせています


CIMG5234.jpg
とっても褒めるとこしか見つからないIRONHIDEです。
日本版では武器がメッキになってるために取扱いが気になりますが、塗装の強化などはとても楽しみなところです。
変形も面白く、関節可動もいい感じ。
ガル様はちょっと癖がありますが、このIRONHIDEはTF好きにはとてもおすすめなアイテムだと思いますよ!!^w^b

theme : ホビー・おもちゃ
genre : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー おもちゃ Universe

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
プロフィール

アルフェス2010

Author:アルフェス2010
トランスフォーマー含むおもちゃが息抜き。

 akikkeさん命名の、「テレもちゃ」ならぬ「ひげもちゃ」こと、
「ひげひげな、おもちゃの日常」を
管理している、生物種別:ひげくまのアルフェスです。

「Thank you very much for the visit my blog.・w・ノ
 皆さま、ブログ訪問してくれて、多謝です・w・ノ
 It would be greatly appreciated if it could enjoy it.  ^w^ノ
 楽しんでくれたらうれしいですよう^w^ノ」

掲示板はこちらに・w・ノ

リンクフリーですが、画像のご利用(改変・改造)はご遠慮くださいませ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
御寄りの皆様方
カテゴリ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
☆翻訳Lite☆
ツイッター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセス解析 [i2i]
サプリメントダイエット